株式会社LIFULL SPACE

SALES LEADER

自ら考え、自ら行動しより革新的なサービスを作り上げていきたい

NISHIMURA SUGURU

セールスG リーダー / 2017年入社

Q1

LIFULL SPACE を選んだ理由は?

転職条件は「自ら考え自ら行動できる風土」

私は社会人5年目で転職を決意しました。前職ではIT企業に勤めており、法人営業で全国を飛び回る日々。人には恵まれていたものの、ふと「仕事は満足しているのか?」と思った時、「違う」とはっきり思えました。

元々、おかしいと思うことや不便だと思うことは改善したい性分のため、「もっとこうした方がよい」と思えることがありましたが、他社商品を取り扱っていたため、どうにもできないことが多くありました。

初めて「LIFULL SPACE」の奥村代表と当時サイト責任者の山崎さんと面談をした時「求めている人材は、一人ひとりが自分で考え、自分で行動できる人物」と聞いて、「ここなら妥協せず、お客様にとって素晴らしいと思える商品を提供することができるかもしれない」と思い、入社を決めました。 

Q2

入社後のLIFULL SPACEは?

入社前と入社後にギャップは存在しなかった

よく入社前と入社後にギャップがあり「思っていた環境と違っていた」「転職失敗した・・・」という言葉を聞きますが、「LIFULL SPACE」にはそれがありませんでした。入社前の面談や面接時に会社の説明や職場環境、入社後の役割や条件などの説明が全て事実だったからです。もちろん少し誇張はあったかもしれません(笑)

私がイメージした入社後の仕事内容に相違はなく、仕事で成果を上げれば上げるほど、責任ある仕事も任せてもらえます。

私にとって幸運だったことはこのギャップがなくイメージ通りに新たなスタートができたことです。

Q3

やりがいを感じるのは、どんなときでしょう?

営業でも「サービスを良くしたい」という想いが届く環境

私が入社した時「LIFULLトランクルーム」サイトは既に日本最大級のトランクルーム検索サイトでした。

トップを走っているサイトには何もすることはないと思いましたが、いざ運営側に回ってみるとやることややりたいことがたくさんあることに気づきました。そこで「こういう仕様に変更したらクライアント様に喜ばれる」「こんな風に表示したら利用者が使いやすい」という提案をするようにしました。

前職であればあり得ないことでしたが、自社サービスだったので「言うだけタダ」という思いで伝えたところ「それいいね。やりましょう!」という二つ返事で決定。自分の「サービスを良くしたい」という想いが届いた瞬間でした。

営業でも自社サービスを一緒に作っていると思え、やりがいのある仕事だなと実感しました。

Q4

今後挑戦したいことは?

自社サービスの企画立案から携わってみたい

当社は現在大きく分けて2つのポータルサイトを運営しています。私が入社してから約8ヶ月後に2つ目のポータルサイトを始めることとなり、初期段階から携わることができました。

営業=販売のみではなく、サービスの運用面を始め、サイトの表示方法やクライアント・利用者目線での意見出し、サービスリリースに伴う様々な業務や各部署との多くの調整に関わります。

大変なことが多い分、サービスリリース時は胸が高鳴りました。

このような経験ができる営業職はかなり稀かと思っています。次は自分でサービス自体を企画立案し、より革新的なサービスを作り上げていきたいと思ってます。

一緒に未来を創る仲間を募集しています!

募集要項などの情報はこちら
エントリー & 募集要項