株式会社LIFULL SPACE

ゼロベースのチャレンジでLIFULL MVP受賞!

ユーザーとクライアントを繋ぐメディアを立ち上げる

JEON HYEMIN

ジョン・へミン

ゼロベースのチャレンジ

新卒入社から1年後の2019年5月末、プロジェクト「LIFULL TRUNKROOM PRESS」をスタートすることになりました。トランクルームの記事を充実させメディア化するプロジェクトで、SEO対策とサイトの価値増強を目的としたものです。当時、LIFULLトランクルームには良質の記事がアピールできる「メディア」機能が存在してなかったので、ゼロから準備して作業するしかない規模のあるプロジェクトでした。新卒ではなく、PMとして活躍できる初プロジェクト!ワクワクする期待感もありましたが、うまくできるのか心配にもなりました。
メディアを立ち上げることには、正確な設計・開発はもちろん、エンドユーザーの興味を向かせる記事が必要だと思いました。これらのためには、トランクルームの情報とクライアントが伝えたいお話が充実した記事を作成するべきでした。それで、セールスGと直接クライアントの取材を実施いたしました。エンジニアの役割だけではなく、PMとしてこのプロジェクトを成功させる!といった情熱を持ち行動しましたね。
現場でトランクルームの実物を見ながらクライアントを取材し、記事用の写真を撮影するなどで収集したデータをもとに記事を作成していきました。開発-取材-記事作成の作業をハンドリングしつつ課題を発見→解決することでやりがいと面白さを感じました。壁にぶつかった時には事業推進GやセールスGの先輩たちのサポートで学びながら挑戦を続けました。尚、現場の直接経験ができましたので、業界に対する視野も広げることができました。
ゼロベースからメディアが立ち上げられるように、一つ一つ頑張ってチャレンジしましたね。(笑)

LIFULL TRUNKROOM PRESS公開!

2019年6月、ついに「LIFULL TRUNKROOM PRESS」を公開しました!
今までサイトに存在してなかった機能を作ることでしたので、リリース当日までも緊張しました。もちろん数多くのテストと確認を行いましたが、それでもドキドキしました。(笑)結果、何の問題もなく無事リリースできました。公開された取材記事はGoogleにインデックスされSEO効果を出せるかつ記事内容はクライアントから好評を受け、エンドユーザーも記事を見て該当トランクルームに問い合わせをするなどサイト的にも良い動線が作られました。

LIFULL MVP 受賞

加えてグッドニュースも届きました!2019年7月、プロジェクト「LIFULL TRUNKROOM PRESS」の成果で「LIFULL MVP」にノミネートされたというニュースをいただきました。候補者6人のリストに表示されている自分の名前を見ると、嬉しかったです。
待望のMVP発表当日、受賞者として私が呼び出されました!明るい照明と多くの人が見える単相の上で受賞コメントを発表し、数多くの拍手を受け、LIFULL 代表取締役 井上さんと握手した記憶が今でも鮮やかです。受賞コメントとしては「LIFULL TRUNKROOM PRESS」について紹介し、自分がチャレンジした経験を語り、LIFULL SPACEのメンバーたちに感謝を表しました。心が震えましたが、たどらずに日本語でしっかり語りました。周りからも「素晴らしいスピーチでした」「語彙力がすごい」と褒められました。韓国にいる家族にも自分が活躍したエピソードを自慢して喜んでくれました。
このチャレンジで、より成長することができました。ゼロベースからチャレンジしながら得た経験は、エンジニアの能力にもマネージメントの能力にも貢献しました。