株式会社LIFULL SPACE

「LIFULL SPACE STORY」を公開しました

2019年11月01日 株式会社LIFULL SPACE

LIFULL SPACE STORY

代表取締役 奥村 周平


LIFULL SPACE STORYとは?

LIFULL SPACEのメンバーがどんなことを思い、働き、生活しているのかをストーリー形式で綴っています。
人それぞれストーリーがあり、内容を知ることで、 少しでも挑戦してみよう、頑張ろうなどポジティブな一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

まずは、社長である奥村のストーリーです。



#1 新卒3年目最短事業責任者 グループ最年少子会社社長になるまで

LIFULL SPACEの代表は、LIFULLの新卒3年目で最短で事業責任者になり、グループ最年少の子会社社長となっています。
どのようにして最短で事業責任者となったのか。事業の発想の原点から、事業化までのエピソードについて綴っています。
なぜグループ最年少子会社社長となったのかをぜひご一読ください!

https://note.mu/lifull_space/n/n88f79492c953



#2 何のために働くのか?

LIFULL SPACEの代表は、韓国留学をしています。
LIFULL SPACE STORYの第二話は、なぜ韓国に行くことになったのか、そして「何のために働くのか」について考えさせられるきっかけになった出来事について綴っています。

https://note.mu/lifull_space/n/n457fc9073aaa



#3 人生の夢は「世界平和」と公然と語る代表

#3は、「働くこと」について悩んでいた代表が、LIFULLに入社を決めた理由についてです。
学生時に驚く出来事に遭遇し、新聞に掲載された出来事も!「ビジネスで人の役に立つ!」という決心までのエピソードについて綴っています。

https://note.mu/lifull_space/n/n3dc0e288c216



#4 過去は全て、自分を構成する大切な一部である

「人生の転機は何?」と聞かれて思い出すこと。
それは、LIFULL SPACEの代表が中学生の時の出来事でした。
それを克服できていなければ、おそらく社長になっていなかったでしょう。
人のバックグラウンドやそれに至るまでの経緯を知る大事さに対する代表の考えをお伝えします。

https://note.mu/lifull_space/n/n9e7caa328807



#5 経験の浅さが招いた危機

#5は、新規事業リリース2日前に迫った時、重大なシステムエラーが発覚した出来事について綴っています。
予算の1/3を使ってしまいながら、その事態をどう乗り切ったのでしょうか。半年後に黒字化できた理由についても!

https://note.mu/lifull_space/n/nece1344f677d



#6 イントレプレナーの意志が日本を作る

自分で起業するのか、社内起業するのか。LIFULL SPACEの代表がそれについてのメリット・デメリットを語ります。
社内のリソースを事業面だけでなく、組織面、採用面においても効率よく活用できることに対する代表の考えをお伝えします。

https://note.mu/lifull_space/n/n748fd9dde101



#7 シェアエコの「空間の提供」をもっと手軽に

現在挑戦しているシェアリングエコノミーの事業と、それによりLIFULL SPACEの代表が目指す社会、現代版「助け合える温かな社会」についての想いを語ります。
更に、LIFULL SPACEが創っていきたい社会のために、これから実現するべきなことなどについても綴っています。

https://note.mu/lifull_space/n/nf60eaa34a730